北海道で家を建てるなら「タグホーム」

お知らせ
12月完成見学会予定

ZEH

ネットゼロエネルギーハウス

タグZEH

  1. ホーム
  2. ZEH(ネットゼロエネルギーハウス)

最近メディアで見ることも増えてきた「ZEH」。みなさんご存じですか?
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(Net Zero Energy House)、略してZEH(ゼッチ)と読みます。
これからの住宅の指標として国から提唱された新しいすまいのカタチ。
その概要を簡単にご紹介します。

----------

ZEHって何?

「聞いたことない」という方もいらっしゃるでしょう。
簡単にいうと下の図のような家。

大事なのはエネルギーの総量で考えること。
家で使うエネルギーにもいろいろあります。電気、ガス、灯油…。
対して創るエネルギーは現状は太陽光発電等になりますので、電気が主流。
このままだと計算できないので、すべてを熱エネルギーとして考えます。

(使った電気の熱量+使ったガスの熱量+…)≦創るエネルギーの熱量

ということになります。
今は創った電気を売ることができるので、家計も助かります。

----------

どうしてZEH?

どうしてZEHが推奨されてきているのでしょうか?
政府ではかねてより省エネルギーの政策を進めています。ZEHはそのなかの一環です。

2020年までにハウスメーカーや工務店等が建てる「標準的な新築住宅で」、2030年には日本で建てられる「新築住宅の平均で」ZEHの実現を目指すよう示しています。

これは以前より直面しているエネルギー問題に対して政府の指針に乗っ取り、協力して取り組むためのものです。
つまりZEHはこれからの住宅における国を挙げての一大事業になるわけです。
これより先10、20年の間にZEHの家が平均化されていくため、早くからの対応が必要なため推奨されているのです。

----------

どうすればZEH?

それではZEHの住宅を建てるにはどのようにすればいいのでしょうか?
大きく分けると次の三つをクリアしていく必要があります。

家からの熱の逃げを減らす

・断熱材を厚くする
・性能の良い断熱材にする
・熱を無駄にしない換気システムにする
etc...
(断熱性能をUP)

エネルギーを使わない器具を使う

・断熱材を厚くする
・性能の良い断熱材にする
・熱を無駄にしない換気システムにする
etc...
(使用量をDOWN)

エネルギーを創る

・断熱材を厚くする
・性能の良い断熱材にする
・熱を無駄にしない換気システムにする
etc...
(エネルギーをGET)

どれかひとつを突出させるのではなく、トータルバランスで考える必要があります。
性能を上げるとイニシャルコストの増額にもつながります。
きちんと考えて増額分をランニングコストで回収できるようにしましょう。

----------

最後に

さて、ZEHの概要がなんとなくわかってきたでしょうか?
ZEHは国が推奨する新たなエコ住宅ということです。
確かにより良いものを使うことでイニシャルコストの増加はいなめません。
しかし、きちんとした断熱やより消費の少ない器具を使うことはランニングコストの節約につながります。

そしてZEHの住宅は補助金の申請が可能です。

平成28年度分は条件を満たせば125~150万円の補助金が交付されていました。
早くから検討していけばこういった制度を使い、より少ない金額でより消費の少ない家が実現できます。
家は大きな買い物です。後から維持費用をかけていくのは大変なことですよね。
タグホームでは住み始めてからのコストがかかりづらい家づくりをおすすめしています。
より良い家をつくるのであれば、これからのスタンダードとなっていくZEHを検討してみてはいかがでしょうか?
詳しくはタグホーム、営業担当にお問い合わせください。

Related Article

関連記事/zehの検索結果